SCHEDULE

2011.12.28 ライジングオン10 試合結果
メインイベントバンタム級王座決定トーナメント決勝戦5分3R
藤原大地 日本 STT&ラーメン荘 歴史を刻め
2R 1分49秒 ドクターストップ  藤原大地選手がトーナメントを制し、王者に!!
× Dr.takuya 日本 総合格闘技道場BURST
トリプルセミファイナルライジングオンフェザー級王座決定戦5分3R
金山康宏 日本 壬生狼/第2代ライジングオンフェザー級王者)
判定0-0ドロー
 但しこの試合は王座決定戦である為、完全決着制マストシステムを採用。よってアドバンスによりジャッジ3名の内、2名のジャッジが金山選手の有利を認めた為、金山康宏選手が王者に返り咲き!!
竹縄“狂犬”元博 日本 総合格闘技道場BURST
トリプルセミファイナルライジングオンライト級タイトル戦5分3R
ジプシータロー 日本 王者/BLOWS
判定 0-0 ドロー  引き分けの為、王座移動なし
寿丸 日本 挑戦者/SKアブソリュート岡山
トリプルセミファイナルライジングオンウェルター級王座決定戦5分3R
× 岩本亮紀 日本 祥空館/ストライカーミドル級暫定王者
判定 2-0  マキシマムザ僚君選手が第3代ウェルター級王者に!!
マキシマムザ僚君 日本 京都政拳会/強者SECONDトーナメント覇者
第5試合ライト級 5分2R
星子裕介 日本 ロボット刑事K
判定 3-0
× 吉田☆16号 日本 総合格闘技道場BURST
第4試合バンタム級5分2R
× 鈴木崇豊 日本 和術慧舟會奈良 Team VAMOS
1R 2分13秒 アームロック
隼☆魁 日本 総合格闘技道場BURST
第3試合バンタム級 5分2R
× 金太郎 日本 頂上会
1R 1分14秒 三角締め
西田翔 日本 総合格闘技道場BURST
第2試合フェザー級5分2R
川端和哉 日本 和術慧舟會奈良 TEAM VAMOS
1R 3分22秒 チョークスリーパー
× 大志 日本 総合格闘技道場アモン奥井道場
第1試合ミドル級5分2R
佐藤拓馬 日本 Martial Brothers
1R 2分29秒 ドクターストップ (左目負傷の為)
× TACHI 日本 総合格闘技道場アモン

<< 前へ | 一覧に戻る |

このページのトップへ